転職もしやすい!貿易事務の仕事内容や貿易事務に必要な資格

やりがいのある貿易事務

貿易事務の仕事は、会社の規模によっては、数千万~数億円の取引をすることもあります。会社を支えるスケールの大きいやりがいのある仕事です。

新卒採用と中途採用の違い

新卒採用

新卒採用は、一般的に一年に一度の間隔で定期採用が行われます。スキルや経験よりも将来的に伸びるかどうかを期待されます。新卒採用で入社した場合は社会人のマナーからしっかりと教えてもらえます。

中途採用

中途採用は、新卒採用とは違い採用の間隔は不定期です。企業によっては一年間採用を行っているところもあります。中途採用として働くには、仕事に求められるスキルや経験を持っている必要があります。

転職もしやすい!貿易事務の仕事内容や貿易事務に必要な資格

男性

貿易事務の仕事

貿易事務は、日本と海外をつなぐために必要な事務の仕事です。輸出入に必須の書類作成や、顧客との電話対応などが仕事内容になります。商社やメーカーなど、様々な業種で働くことが可能です。

貿易事務の資格

貿易事務員になるために必要不可欠な資格はありません。ただし、持っていると仕事で活かすことのできる資格はいくつかあります。代表的な資格は、「通関士試験」や「貿易実務検定試験」です。その他にも英語の資格や事務関連の資格は取得しておいて損はないでしょう。

転職者も働きやすい貿易事務

貿易事務は、未経験でも働きやすい仕事として有名です。そのため、他業種から転職して貿易事務員になった方も多くいます。正社員以外にも派遣社員として働ける企業も多くあります。

貿易事務に向いている人

グローバルビジネスに興味がある人

貿易事務は、海外とスムーズに取引をするために必要な仕事をこなす職業です。そのため、「日本と海外をつなげたい」と考えるようなグローバルビジネスに興味がある人は貿易事務の仕事に向いているといえます。

地味な仕事が苦にならない人

貿易事務の仕事は名前の通り、事務仕事がメインになります。事務仕事は書類の作成やメール対応など地味な仕事が多く、ルーティンワークになりやすいことが特徴です。そのため、地味な仕事が苦にならない人が貿易事務に向いているといえるでしょう。

事務処理能力が高い人

上記でも述べたように、事務の仕事がメインとなるので事務処理能力が高い人は、貿易事務の仕事にうってつけだといえます。また、いくつかの作業を同時にこなせるマルチタスクスキルがある方も貿易事務には最適です。

高い英語スキルを持っている人

海外との取引では、英語が基本となります。そのため、高い英語スキルを持っている人は貿易事務員として活躍することができるでしょう。TOEICやTOEFLといった英語スキルを証明する資格を持っておけば採用される可能性もあがります。

広告募集中